お腹の赤ちゃんに!つわりのママにも!葉酸を食事でとろう!

 

妊娠中に大事な栄養素!葉酸とは?

 

雑誌などよく目にすることの多い葉酸。

 

妊娠するとお腹の赤ちゃんの成長を助けると言われています。

 

葉酸とはいったいどんな効果をもたらしてくれるのか、葉酸を含む食材や食事で上手に葉酸をとるコツなどをまとめてみました。

 

葉酸とは、貧血の予防や細胞の再生に役立つとされている栄養素です。

 

妊娠前~赤ちゃんの体が形成される一番大事な妊娠初期に1日400㎍とると神経菅閉鎖障害の発症リスクを防ぐことができると言われています。

 

葉酸もビタミンB群の仲間と言われていてつわりの症状を軽くしてくれると言われています。

 

しかし、ビタミンB群は日本人が最も取りにくい栄養素と言われているのです。

 

どれも体の調子を整える働きをしたり重要な栄養素ですが、水に溶けやすく、熱に弱いため不足しがちな栄養素です。

 

妊娠初期のあなたや赤ちゃんのために是非意識して食事をしましょう。

 

では葉酸をたくさん含む食材とはなんでしょうか?

 

葉酸とは名の通り色の濃い葉もの野菜に多く含まれています。

 

ほうれん草、アボガド、ブロッコリー、納豆、ホタテ貝、焼きのりなどに多く含まれていますが食事でとることが基本です。

 

きな粉はとても万能で注目素材です。

 

きな粉は葉酸だけでなく、たんぱく質も豊富です。

 

牛乳か豆乳バナナ、きなこをミキサーでスムージーにしたり、ホットミルク+きな粉は体を温めてくれる効果もあります。

 

葉酸は野菜だけでなく、いちごやライチなどフルーツなどほかの食材にも沢山含まれています。

 

それらもちょこちょことることで食事で葉酸をとることを心がけてみてください。

 

小さな工夫で栄養バランスを整える習慣も身につきます。

 

つわりで食事を取れないなど栄養が取れない場合はサプリメントなどの栄養補助食品でとることもよいでしょう

 

葉酸の沢山含まれている食べ物は沢山あるのでつわり中でも食べれるものが見つかるかもしれません。

 

お腹で元気に育っている赤ちゃんや自分のため家族のためにバランスのよい食事を意識することが大切です。